トレーニング、筋トレ後のストレッチの重要性

当ジムではトレーニング前後にストレッチを行っています。

みなさんはトレーニングが終わった後にストレッチをしていますか?

始める前の準備運動としてストレッチをしている方は多いですが、トレーニング後にストレッチをしている方は少ないように思います。

怪我の予防でストレッチをしたりとその意図は様々ですが、トレーニングを行うのであれば全ての人がストレッチを行わなければいけません。

ストレッチの意味もよく分からず何となくやっているのではなく、ストレッチの重要性に気付いて、トレーニングした後の体をケアしましょう。

ストレッチとは

体の筋肉を引っ張って伸ばすことをストレッチと呼びます。

ストレッチには種類があり、大きく分けて「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」があります。

静的ストレッチのスタティックストレッチ

ゆっくりと反動を使わずに持続的に筋肉を伸ばすストレッチで、ストレッチと聞いて思い浮かぶのが、このスタティックストレッチです。

動的ストレッチのダイナミックストレッチ

体を動かして行うストレッチで、ラジオ体操などがこのダイナミックストレッチに当てはまります。

動的ストレッチのバリスティックストレッチ

ダイナミックストレッチと同じ動的ストレッチで、反動の力を使って大きく筋肉を引き伸ばすストレッチです。

他にもありますが、主に私たちが行っているのはこの3種類です。

トレーニング後の体はどうなっているか

トレーニング中やトレーニング後にどれだけ体に負担がかかっているか分かりますか?

トレーニングを行った後の体は、使った筋肉に負担がかかり疲弊しています。

代表的なのが誰でもなったことがあると思う筋肉痛です。

筋肉を激しく動かした時に筋繊維が傷ついて、それを治そうと炎症が起きることで筋肉痛になります。

さらにトレーニング後の筋肉は硬直を起こしているので、その筋肉を放置してしまったり、使いすぎてしまうと怪我に繋がります。

トレーニング後の体は見えないですが、みなさんが思っているよりも負担がかかっています。

その事をよく理解してトレーニングすることで怪我を防ぐことが出来ます。

トレーニング後のストレッチの重要性

トレーニング前にストレッチを行う理由は、怪我の予防であったり柔軟性を高めるといった効果をもたらすためです。

ではトレーニング後にストレッチを行うと、どんな効果があるのか。

ストレッチは体の筋肉を引っ張って伸ばすことですが、それを行うことで筋肉をほぐすことが出来ます。

そして筋肉の可動域を広げて柔軟性向上、筋肉に溜まった疲労物質を排除し回復を早めたりと様々な効果が期待できます。

ですが1番は「筋肉のケア」です。

トレーニング後の体の筋肉は負荷がかかり疲弊しているので、終わった後は筋肉をケアしてあげないといけません。

運動後にストレッチを行ってクールダウンすることで、疲れた筋肉を休ませてあげることが出来るのです。

筋肉を休ませてあげることで次のトレーニングも効率よく行えるので、安定したトレーニングを行うことが出来ます。

まとめ

ストレッチには主に「静的ストレッチのスタティックストレッチ」「動的ストレッチのダイナミックストレッチ」「動的ストレッチのバリスティックストレッチ」の3種類があります。

トレーニン後の身体は負担がかかっている為、怪我の予防の為のストレッチ。

また、筋肉のケアにも有効。

トレーニング後のストレッチの重要性を分かっていただけたでしょうか?

ストレッチはトレーニングをやるのであれば必ず行うべきです。

ストレッチだからと甘く見ずに、使った筋肉は使った分だけケアが必要です。

ストレッチの意味もよく分からず何となくやるのではなく、ストレッチを行うことでどんは効果やメリットがあるのかを理解して、使った筋肉をしっかりケアをしてあげましょう。

今までトレーニング後はストレッチをせずに終わっていた方は、ぜひストレッチを取り入れてみて下さい。

>最後までご覧頂きありがとうございます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

お礼としてダイエットやボディメイクについて無料相談をLINEで受け付けています。
また、友達だから話せるボディメイクや健康に有益な情報も配信しています。
格闘技を通じて女性の皆様を元気にしたいと考えております。
ご協力よろしくお願いいたします。