女性パーソナルトレーナーの「 痩せるための秘訣 」

痩せようと思ってもなかなか痩せられない。

痩せたいけど運動とか食事制限は嫌だ。

ダイエットしてもいつも成功しない。

痩せようとダイエットしても続かなかったり、成功しないなんて方はたくさんいるでしょう。

今回はそんな方にオススメの痩せるための秘訣をお教えしたいと思います。

痩せるための秘訣・やり方

やり方は簡単です。

普段食べる時に使っているお茶碗やスプーン、コップなどの食器を小さいものに変えるだけ。

え?それだけ?って感じですが、これだけです。

めちゃくちゃ簡単ですよね?

なぜ食器を変えるだけで痩せることができるのか。

それは、食器を小さくしたことにより必然的に食べる量が減るから。

単純ですが、食べる量が減ると痩せます。

慣れないうちは大変ですが、日頃から行い癖をつけてしまうと食べ過ぎるなんてこともなくなります。

食器を変える際にお金がかかるかもしれませんが、変えるだけで痩せることができちゃうのは嬉しいですよね。

痩せるだけじゃない秘訣

ダイエットにオススメなこの秘訣はただ痩せるだけではありません。

この秘訣がすごいのは、体の疲れを軽減できる効果があることです。

ついつい食べ過ぎてしまって、満腹になるまでしっかり食べるなんて方がいますが、そんな生活をしていれば体の負担は大きく、疲れやすい体になってしまいます。

人は、食後に食べたものを消化しようと消化器官に大きな負担をかけています。

食べた物を消化しようと体は必死に働いてくれているのです。

それは自律神経が行っていることなので、私たちは何も行っていませんし何も感じることはありません。

体は働きすぎの状態となり、無意識のうちに疲労がたまり、疲れやすい体が出来上がります。

普段の生活で疲れやすかったり、休んでも疲れが取れなかったりすることがあったら、食べる量を減らすことで解決するかもしれません。

食べる量を減らすことで、消化器官の活動も小さくなり体を休ませることができるので、体の疲れが軽減されます。

私も食事をする際には、満腹食べるのではなく腹八分目ぐらいでやめるようにしています。

胃がもたれるなんてこともなく、体が疲れたり疲れやすいと思うこともありません。

お腹いっぱい食べていて疲れやすい方は、食事の量を見直してみましょう。

注意すること

普段使っている食器を小さくして食べる量を減らすといっても、極端に量を減らすのはやめましょう。

極端に量を減らすと、かえって体が疲れやすくなります。

更に、脳に糖が回らず集中力や思考力が低下します。

少しずつ量を減らしていき、腹八分目を意識して個々の生活リズムに合わせて食事の量を調節していきましょう。

まとめ

  • 普段食べる時に使っているお茶碗やスプーン、コップなどの食器を小さいものに変える
  • 消化器官の負担が減り、体の疲れを軽減できる効果がある。
  • 食器を小さくして食べる量を減らすといっても、極端に量を減らすのはやめましょう。

今回は痩せるための秘訣をお教えしました。

ダイエットに良いだけでなく、疲れが軽減されたりと嬉しい効果もあるので興味がある方はぜひお試しください。

もちろん無理がないような食事の量にして実践しましょうね!

>最後までご覧頂きありがとうございます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

お礼としてダイエットやボディメイクについて無料相談をLINEで受け付けています。
また、友達だから話せるボディメイクや健康に有益な情報も配信しています。
格闘技を通じて女性の皆様を元気にしたいと考えております。
ご協力よろしくお願いいたします。