小麦(グルテン)を取り続けるとどうなるか?

私は、普段の食生活でグルテンフリーや、食品添加物を極力避ける生活を送っています。
グルテンフリーを行って半年程ですが、お客様からよく、「小麦(グルテン)を取り続けるとどうなりますか?」という質問をよく頂くので、それについてお話できればなと思います。

グルテンとは

グルテンとは、小麦・大麦・ライ麦などの穀物に含まれるタンパク質のことです。

この小麦を大量に摂取するとどうなるか?
自分ではあまり気づきにくいですが、色々な体調不良を招く原因になります。

下痢、肌の乾燥、肌荒れ、ニキビ、疲労感、顔の老化、抜け毛、花粉症の悪化、骨や関節の痛み、貧血、倦怠感、消化器系の不調…

ざっとあげてもキリがありませんね。小麦を大量に摂取すると怖いぐらい体に不調をきたす可能性があるんです。
更に怖いのは、小麦には強い中毒性があることです。無性にパンや麺類などを食べたいなぁと思うことはありませんか?それは、小麦に含まれているグルテンというタンパク質による中毒性が原因です

グルテンフリーを行い

私は半年ほど前からグルテンフリーを行っています。始めてからの体調の変化は、トレーニング後や練習後の疲労感、次の日の体の倦怠感や体の痛みが軽減しました。そして肌トラブルも殆どありません。乾燥肌でケアなどが大変でしたが、それも気にならなくなったのは非常に助かってます。

このように、グルテンフリーを始めて自分の体に変化が現れているので、効果はあるのだと実感しています。

最近では、芸能人やモデルの方や、トップアスリートの方も実践されています。

ローラさん、RIKACOさん、ディーンフジオカさん、有村架純さん、レディーガガさん、ノバクジョコビッチさんなどが行っています。
ノバクジョコビッチさんは、グルテンフリー生活に切り替えて成績が伸びたと言われています。
その他にも、グルテンフリーを行っている方は沢山いらっしゃいますが、多いということは、それだけグルテンフリーが効果があるからだと思います。

グルテンフリーのポイント

日本では、低炭水化物や糖質制限などを行っている方が多いように思いますが、海外では色々な研究も行われ、グルテンフリー生活に注目が集まっており広く認知されています。グルテン市場もここ10年でかなり大きくなり続けています。海外の食料品売り場などでよく見かける「グルテンフリー」商品は、健康志向の海外にはよくある商品ですが、日本ではまだあまり馴染みがないようですね。日本商品の中には、ほとんどと言っていいほど小麦が含まれています。なので、完全にグルテンを排除することは非常に難しいです。そんな場合はまず、調味料から変えることをオススメします。調味料からから変えることで、料理の小麦をカットすることが出来るうえに、初めての方でも始めやすいと思います。

そして、食事を洋食ではなく和食にして、なるべくパンやパスタではなくお米にする。
和食でもうどんはNGです。味噌も麦味噌を使用しないようにして、米味噌に変更する。
蕎麦は繋ぎに小麦を使用しているため、十割蕎麦なら蕎麦粉だけなので大丈夫です。
肉や魚の味付けは、醤油に気をつけていれば食べれますし、プチグルテンフリーなら、あまり負担なく難しくないので続けられると思いませ。

もしも麺類やパンを食べたくなっても、今はネットで「グルテンフリー商品」と検索すれば購入することが可能ですし、種類も豊富にあります。私もパスタは好きなので、パンも好きです。どうしてもたべたくなったらネットを活用したりしています。パンは、ホームベーカリーで米粉パンを焼いたりして食べてます。食べたくなって、代用したりで食べれるので、ストレスなくグルテンフリーを続けることができます。

ぜひ、体調不良や肌トラブル、アスリートの方はぜひ試してみることをオススメします!

>最後までご覧頂きありがとうございます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

お礼としてダイエットやボディメイクについて無料相談をLINEで受け付けています。
また、友達だから話せるボディメイクや健康に有益な情報も配信しています。
格闘技を通じて女性の皆様を元気にしたいと考えております。
ご協力よろしくお願いいたします。