岡崎市の高齢者ドライバーは運動能力を低下させないためにも運動をしなさい

ここ数年、高齢者ドライバーによる事故が多発して社会問題になっています。

最近だと、高齢者ドライバーの車が何の関係もない母子二人の命を奪ってしまった悲しい事故がありました。

まだみなさんの記憶に新しいと思います。

このような事故が起きると大変胸が苦しいです。

なぜこのような痛ましい事故が起きてしまったのでしょうか。

なぜ高齢者が事故をしてしまうのか

事故をしてしまうのは何も高齢者ドライバーだけではありません。

年に関係なく事故は起きてしまうものです。

ですが、高齢者の事故件数は年々増加しているのも事実。

高齢化社会で、高齢者の運転免許保有率が増加しているのも原因ですが、1番やっかいな原因は他にあります。

その1番の原因は「自分の運動能力や認知力・判断力の低下」に気づいていないことです。

加齢とともに運動能力や認知力・判断力は低下していきます。

これは誰もがなるもので、防ぎようがありません。

「長年運転をしているから大丈夫だ」

「私に限って事故なんてありえない」

そのような自信や思い込みが事故を起こしてしまいます。

自分の変化に気づかず運転をしてしまうことで、事故に繋がるのです。

事故を防ぐために

事故が起きてしまう原因が「自分の運動能力や認知力・判断力の低下」に気づかないことだと分かっていただけたと思います。

では事故を防ぐためにどうすればいいか。

それは「日頃から運動を行う」ことです。

間違えないでほしいのは、1日だけの運動ではなくて、日頃からの継続的な運動。

運転には、ハンドルを操作したりブレーキやアクセルを踏み込んだりで、体の筋肉や関節を動かしています。

日頃から運動を行うことで、運転に必要な筋力がアップし関節の可動域が広がり、運転をスムーズに行うことができます。

それだけでなく、運動で頭を使うことで脳の機能が向上し、認知力や判断力を高めることができます。

自分の体の変化は分かりにくいため、自覚症状がありません。

日頃から運動を行い習慣化することで、事故を防ぎ、安全運転に繋がるのです。

そのためには自分の体をよく知り、運動能力や認知力・判断力をこまめに確認することが大切です。

1番いいのは返納

運動を習慣化することが安全運転に繋がります。

ですが、1番は運転免許の返納です。

運動を習慣化することで、事故を防ぐことができますが、それでもやはり加齢とともに運動能力は低下していきます。

・車に傷が増えてきた。

・急ブレーキが多くなった。

・停止線を超えてしまうようになった。

昔は出来たことができなくなり始めたら、返納のタイミング。

事故は自分だけでなく周りにも迷惑がかかり、下手をしたら相手の命まで奪ってしまいます。

そうなってしまってからでは遅いのです。

自分で気づき自分の意思で返納する。

そうすることで重大な事故を未然に防ぐことができるのです。

あなたも1度考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

自分は大丈夫だ、関係ない他人事だと思っているその気持ちが危険です。

過信が事故を招きます。

重大な事故を起こして、悲しい犠牲者を出さないために自分は何をしたらいいか、何ができるか。

深く考えて、日頃から運動をするなどして自分でもできることを行い、努力をすることが大切です。

>最後までご覧頂きありがとうございます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

お礼としてダイエットやボディメイクについて無料相談をLINEで受け付けています。
また、友達だから話せるボディメイクや健康に有益な情報も配信しています。
格闘技を通じて女性の皆様を元気にしたいと考えております。
ご協力よろしくお願いいたします。