見た目年齢を若く見せるために

あなたの見た目は他人から見たら何歳に見えるでしょうか。

実年齢よりも老けて見えるのか、はたまた若く見えるのか。

若く見られて嬉しくない人なんていないと思います。

多くの方が見た目に気を配り、見た目年齢を意識していると思います。

今回は、見た目を若く見せるためにはどうすればいいのかお話していきたいと思います。

見た目年齢とは?

近年、見た目年齢という言葉をよく聞くようになりました。

それほど見た目年齢という言葉が浸透し、見た目年齢を気にしている方が増えているのです。

見た目年齢とは、自分の見た目、いわゆるルックスやしぐさなどの動作から推定した年齢です。

見た目年齢が若いと実年齢よりも若く見られますし、逆に見た目年齢が老けて見えると実年齢以上に見られるかもしれません。

老けて見える人の特徴は?

老けて見える方には特徴があります。

オシャレをしていない

見た目年齢はルックスが若く見られればいいわけではありません。

服装にも気を配らなければ、見た目年齢に差が出てしまいます。

かといって若い子が着るような服を着てしまうと、逆に老けて見えるので注意が必要です。

表情が暗い

暗い表情や疲れた表情は、重たい暗い印象を与えてしまい、他人から見た印象も暗くなってしまいます。

どよーんとしたオーラにもなってしまいますので、口角を上げるなどをして表情が暗くならないようにしましょう。

姿勢が悪い

猫背だったり姿勢が悪いと体がたるんで見えるので、歳をとっているように見えてしまいます。

肌が汚い

若い人は肌にハリがあるので若く見えますが、肌にクマやシミがあったりすると年齢を感じさせて老けて見えてしまいます。

肌の手入れを気をつけなければいけません。

見た目年齢を若く見せるためには?

見た目を若く見せるためにはどうすればいいのか。

若く見える方の特徴をまとめてみます。

笑顔を絶やさない

笑顔はストレスを消す働きがあります。

若々しい人程、いつもニコニコ笑顔を絶やしません。

明るく元気が良い印象があると、いつまでも若々しくいられます。

姿勢がいい

姿勢がいいと体が引き締まって見えます。

歳を重ねると体がたるんできますが、シャキッとしている様はそれだけで若い印象を与えることができます。

清潔感がある

髪や肌の状態がよければ清潔感があるので、爽やかで好印象です。

髪に艶があり、肌が綺麗だと実年齢より若く見られることがあります。

運動をしている

歳をとると体の機能が衰えていきますが、運動をしていると体が若返ります。

見た目年齢が若く見える方は、運動をして体を鍛えて、運動でストレス発散をしているのです。

まとめ

老けて見える人と若く見える方の違いをまとめましたが、いかがでしたか?

歳をとるほど見た目年齢を気にするようになります。

若く見られるようになるためにはどうすればいいかを改めて考えて、いつまでも若々しく元気に過ごしましょう。

>最後までご覧頂きありがとうございます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

お礼としてダイエットやボディメイクについて無料相談をLINEで受け付けています。
また、友達だから話せるボディメイクや健康に有益な情報も配信しています。
格闘技を通じて女性の皆様を元気にしたいと考えております。
ご協力よろしくお願いいたします。